国立研究開発法人土木研究所
寒地土木研究所

微小電位観測は、距離による減衰が小さい、時間遅れがほとんどないなどの特性を持ち、さらには崩落の方向や形態に左右されることがないことから、簡易で精度の高い斜面崩壊予測技術として期待できます。本書は、約10年間の各種の実験と観測結果から得られた知見をまとめて、マニュアル(暫定版)として示したものです。

※ダウンロード出来るマニュアル:
  「斜面監視に用いる微小電位観測マニュアル(案)」
 
斜面監視に用いる微小電位観測マニュアル(案)
公開ソフトウェア&マニュアル
岩盤斜面安定解析ソフト&マニュアル
岩盤斜面安定解析ソフトの内、想定亀裂面法のソフトを改良更新しました。これまでのソフトについては、解析計算時間(計算結果のエクセルデータ変換時間)が長くなっていたため、改良して時間短縮したものです。ダウンロードしてお試し下さい。
なお、これらのソフトについては、寒地土木研究所月報No.681号(2010.2)掲載論文「オーバーハングを有する岩盤斜面の安定性評価のための3次元極限平衡解析ソフトの開発」を参照下さい。
※ダウンロード出来るソフト&マニュアル:
  「想定亀裂面法V2」、「最小亀裂角法」、「岩盤断面作成編集ソフト」

これまでの研究によって得られた成果を基に作成したソフトウェアやマニュアルを無料で公開しています。ダウンロードサイトでは、簡単なアンケートにお答え頂けると幸いです。

本マニュアルは、道路巡回や道路防災カルテ点検などの道路斜面を対象とした点検において、民生用デジタルカメラを用いた写真計測技術を導入することにより、点検精度の向上を図ることを目的としたものです。

※ダウンロード出来るマニュアル:
  「写真計測技術を活用した斜面点検マニュアル(案)」
 
ホームページ タイトル
 
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。
INDEX
■TOP
■お知らせ・新着情報
■研究概要
■発表論文
■スタッフ構成
■公開ソフト
■寒地土木研究所のHP
写真計測技術を活用した斜面点検マニュアル(案)